[Git] コマンドに別名をつける

略称が使えるSubversion等から移行してくると、毎回フルネームで入力させられるgitには少しうんざりさせらる、そんな時はエイリアスの設定をします。

git config

$ git config --global alias.st status
$ git st
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Untracked files:
#   (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
#
#	foo
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

同じ要領で他のコマンドにも好きな名前をつけることができます。 statusやcommitなどは頻繁に打ちますから、その恩恵も一塩ですね。

~/.gitconfig

上記コマンドを実行すると、ホームディレクトリ直下に設定が記録されます。 コマンドを実行せず、このファイルを直接書き換えてもOKです。

$ cat ~/.gitconfig 
[user]
	name = Makito Katsube
	email = katsube@eden.localhost
[color]
	ui = auto
[alias]
	st = status
	co = commit
	ck = checkout

参考

Gitを使い始めたらやっておきたい便利な設定いろいろ
http://blog.asial.co.jp/845
gitで便利なエイリアス達
http://qiita.com/peccul/items/90dd469e2f72babbc106

関連書籍

failed to fetch data: unkown error

大塚 弘記
ISBN 477416366X
¥ 2,786

池田 尚史, 藤倉 和明, 井上 史彰
ISBN 4774164283
¥ 2,894

大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
X Y V B A