画像を木炭画に変換する - ImageMagick, Perl

この記事は2007年03月03日に書かれた物です

実行例

befor after

サンプル

#!/usr/bin/perl
 
;#
;#画像を木炭画に変換する
;#
 
use Image::Magick;
 
#-------------------------------------------#
#初期設定
#-------------------------------------------#
#-- 元画像 --#
my $source = './sample_org1_s.jpg';
 
#-------------------------------------------#
#画像を木炭画にする
#-------------------------------------------#
for($i=0; $i<10; $i+=2){
    for($j=0; $j<10; $j+=2){
            #-- インスタンス生成 --#
            my $image = Image::Magick->new;
 
            #-- 画像を読込む --#
            $image->Read($source);
 
            #-- 木炭画へ変換  --#
            $image->Charcoal(
                      radius => $i
                    , sigma  => $j
            );
 
            #-- 画像を保存する(JPEG) --#
            $image->Write("./image_charcoal_$i$j.jpg");
 
            #-- オブジェクトを破棄  --#
            undef $image;
    }
}

radius,sigmaを調整した一覧

実行結果を以下に抜粋した。縦がradius、横がsigmaをそれぞれ変更した値である。

ここでは整数を指定しているが、radius、sigmaにはそれぞれ浮動小数点を指定することが出来る。それぞれ半径(radius)と標準偏差(sigma)だと思われるが、実行結果を見て分かるとおり大きな値を与えると原型をどんどんとどめないほどの影響を与えられる。

2 4 8
2
4
6
8

関連書籍

クーガー株式会社, 石井 敦
ISBN 4844326473
¥ 10,970

failed to fetch data: unkown error

failed to fetch data: unkown error

Joseph N. Hall, Joshua…
ISBN 4798139815
¥ 4,104

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
U D H F Y