とあるエンジニアの闇歴史帳

コピペで使える便利Wiki ※現在構築中です。

ユーザ用ツール


サイドバー

言語

サーバ関連

ツール

API

読み物

その他

jquery:cdn_urls

文書の過去の版を表示しています。


CDNにホストされているjQueryを呼び出す

jQueryは自分のサイトにコピーし設置しても良いのだけど、Googleなどが公開しているファイルを呼び出すという手段がある。

jQuery設置用のタグ

Google

Googleでは過去バージョンやjQueryUIなど様々なファイルをホストしている

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.2/jquery.min.js"></script>
  • 先頭に “http:” がないのは、どちらのプロトコル(http,https)でも対応可能なようにという意図です。

code.jquery.com

jQueryの本家でも公開されている

<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.10.1.min.js"></script>

Microsoft

Microsoftでも同様にホストとしている

<script src="http://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery/jquery-1.9.0.min.js"></script>

メリット

ユーザーのメリットとしては同じファイルであるにも関わらず、異なるサイトにアクセスする度に毎回ダウンロードするということがなくなる(ブラウザはキャッシュを利用する)。Googleはこれによってネットのトラフィックを減らし、ユーザーのネット体験を最適化することを目的として無料でホストし広く公開していると言われている。

これは開発者にもメリットだ。 すでにキャッシュされているということは、ページのレンダリング時間の短縮につながる可能性がある。キャッシュされていなかったとしてもGoogleが管理する太いネットワーク上にファイルがあること自体メリットと言えるかもしれない。またこちらのサーバに置いていないわけで、転送量の削減も期待できる。

デメリット

デメリットとしては、ネットから切断されたローカルで開発を行うことができない点と、ホスト先のサーバに依存してしまうため向こうが死ぬとこちらも死ぬ可能性が高いという点があげられる。またクラッキングなどされ悪意のあるコードを埋め込まれる可能性もゼロではない。そのため自サイトにも同様のファイルを設置し、いつでも切替が行えるようにしておく必要があるだろう。

関連ページ

jquery/cdn_urls.1387658052.txt.gz · 最終更新: 2020/06/23 14:12 (外部編集)