とあるエンジニアの闇歴史帳

コピペで使える便利Wiki ※現在構築中です。

ユーザ用ツール


perl:cgi_query2

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

perl:cgi_query2 [2017/12/14 20:18]
perl:cgi_query2 [2020/06/23 14:10] (現在)
行 1: 行 1:
 +====== クエリーを受け取る2(CGI.pm) - Perl,CGI ======
 +~~socialite~~
 +<note important>この記事は2006年02月15日に書かれたものです。</note>
 +
 +CGIモジュールを利用して、クエリー(引数)を受け取る方法。
 +
 +===== サンプル =====
 +<code perl>
 +use CGI qw(:cgi);
 +
 +#-------------------------------------------------------#
 +# 例:全てのクエリー名を取得
 +#-------------------------------------------------------#
 +    my $q = new CGI();
 +    
 +    #全クエリー名を取得
 +    @names = $q->param();
 +
 +    #ヘッダ出力
 +    print $q->header();
 +
 +    #クエリー名を表示
 +    foreach $name ( @names ){
 +      print "$name<BR>\n";
 +    }
 +
 +    exit(0);
 +
 +
 +#-------------------------------------------------------#
 +# 例:特定のクエリーを取得
 +#-------------------------------------------------------#
 +    my $q = new CGI();
 +
 +    #値を取得(その1)
 +    $value  = $q->param("maker");       #値が一つしかない場合
 +
 +    #値を取得(その2)
 +    @values = $q->param("shashu");      #同一のクエリー名で、複数の値がある場合
 +
 +    #ヘッダ出力
 +    print $q->header();
 +
 +    #クエリー名と値を表示
 +    print "maker | $value  <BR><BR>\n";
 +
 +    #複数の値を表示
 +    $value_join = join(",", @values);   #値を全て結合する
 +
 +    print "shashu | $value_join <BR>\n";
 +    print "<BR>\n";
 +
 +    exit(0);
 +</code>
 +===== 関連書籍 =====
 +{{amazon>jp:4797336803}}
 +<html><p style="clear:both"></p></html>
 +
 +{{amazon>jp:4274068765}}
 +<html><p style="clear:both"></p></html>
 +
 +{{amazon>jp:B00ISP0OM8}}
 +<html><p style="clear:both"></p></html>
 +
 +{{tag>CGI・Perl例文集 Perl CGI クエリー}}
 +~~socialite~~
  

関連ページ