とあるエンジニアの闇歴史帳

コピペで使える便利Wiki ※現在構築中です。

ユーザ用ツール


perl:hash_delete_item

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

perl:hash_delete_item [2017/12/14 20:18]
perl:hash_delete_item [2020/06/23 14:10] (現在)
行 1: 行 1:
 +====== ハッシュから要素を削除する - Perl ======
 +~~socialite~~
 +<note important>この記事は2007年03月06日に書かれた物です</note>
 +
 +ハッシュから要素を削除するには、delete関数を使用する。
 +delete関数に引数として「$hashu{キー名}」として渡せば、キー名の要素をその場で削除してくれる。
 +
 +===== サンプル =====
 +<code perl>
 +;#
 +;#ハッシュから要素を削除する
 +;#
 +
 +#------------------------------#
 +#まずは追加する
 +#------------------------------#
 +#-- 初期化 --#
 +%hash = (
 +      'name1' => 'value1'
 +    , 'name2' => 'value2'
 +    , 'name3' => 'value3'
 +);
 +
 +#------------------------------#
 +#削除する
 +#------------------------------#
 +delete($hash{'name1'});
 +delete($hash{'name3'});
 +
 +#------------------------------#
 +#表示
 +#------------------------------#
 +foreach my $key ( sort keys %hash ){
 +    print "$key,$hash{$key}\n";
 +}
 +</code>
 +
 +===== 実行結果 =====
 +<code>
 +name2,value2
 +</code>
 +
 +なお、当然のことながら ''$hash{'key'}='''' などとしても空文字列が入るだけで消えたワケではないので注意。
 +
 +===== 関連書籍 =====
 +{{amazon>jp:4873113008}}
 +<html><p style="clear:both"></p></html>
 +
 +{{amazon>jp:4798139815}}
 +<html><p style="clear:both"></p></html>
 +
 +{{tag>CGI・Perl例文集 Perl 連想配列 ハッシュ delete}}
 +~~socialite~~
  

関連ページ