とあるエンジニアの闇歴史帳

コピペで使える便利Wiki ※現在構築中です。

ユーザ用ツール


サイドバー

言語

サーバ関連

ツール

API

読み物

その他

twitter:perl_statusupdate

文書の過去の版を表示しています。


Twitter APIで自分のステータスを更新する

このページは2007年06月16日に書かれた物です

Twitterの公式APIを利用して、Perlからステータスを更新することが可能だ。Net::Twitterモジュールを使えばいとも簡単に実現できる。

Net::Twitterモジュールはもちろん標準では入らないので別途インストールする。同時に「LWP::UserAgent」「JSON::Any」も必要だ。

サンプル

;#
;#PerlからTwitterで発言する
;#
 
#--------------------------------------#
#モジュール
#--------------------------------------#
use strict;
use Net::Twitter;
use Jcode;
 
#------------------------#
#        ログイン        #
#------------------------#
my $twit = Net::Twitter->new(
          username=>"katsube"   #ユーザー名
        , password=>"hogehoge"  #パスワード
      );
 
#------------------------#
#         発 言          #
#------------------------#
#-- 発言するセリフの準備 --#
my $text = 'ふがふが';
 
#-- UTF8へ --#
Jcode::convert(\$text, 'utf8');
 
#-- Twitterへ送信 --#
my $result = $twit->update($text);

実行結果

発言は必ずUTF8で行うこと。これだけ気をつけておけば日本語も問題なく通る。書くまでも無いと思うが、ログインしているユーザーのステータスを、一回のアップデートにつき一回の更新が行える。

また前回と全く同じ文字列ははじかれるようなので(未検証)、更新がされない場合は適当に文字列を変えてトライすると良い。

関連書籍

failed to fetch data: unkown error

failed to fetch data: unkown error

failed to fetch data: unkown error

関連ページ

twitter/perl_statusupdate.1459024646.txt.gz · 最終更新: 2020/06/23 14:12 (外部編集)